鈴木康博 「素敵なあなた」に込めたオフコースへの決意

2020/06/10

あなたは、鈴木康博をご存知?

小田和正ばかりがオフコースではないってことを。

鈴木康博がいないとオフコースは無かったことを。

今日の小田和正もいなかったかもしれないことを。

鈴木康博はオフコース絶頂期にオフコースを脱退している。




「さよなら」がヒットした1979年には鈴木康博はすでに脱退を決意していた。

しかし、1982年に脱退するまでの3年間彼は少しも怯むことなくオフコースを続けた。

その間、リリースしたアルバムのタイトルは、

「We are」
「Over」


収められている楽曲も恋愛の形を借りたお互いへのメッセージのぶつけ合いだ。

誰が悪いわけではない。
ただ、鈴木康博は自分を曲げることが出来ない人間だったから・・・



Sponsored links




出会い



もう、60年近くも前の事だ。

電車で塾に通っていた鈴木康博少年の前に突如現れたやんちゃ小僧がいた。

彼は、車掌のいない隙に電車の車掌室に入りその辺の機材をいじくっていた。



それが小田和正である。



2人は同じ私学の中高一貫校に入学して友人となる。

そして、高校に上がってから2人を含む4人でバンドを組み、3年生の時文化祭に出た。





二人とも大学に入って音楽活動を続けたが、小田和正は建築系の大学院に進んだ。

鈴木康博は親の反対を押し切り音楽活動を本格的に始めた。




プロの道へ



まだ小田は迷っていた。
建築の道に進むか、音楽をやるか。

アーティストの登竜門・第3回ヤマハ・ライト・ミュージック・コンテスト (1969年)に挑戦し1位を取ったら解散することにしていた。
1位をとることで満足して音楽をやめるつもりだった。



しかし、結果第2位で終わる。
(第4回2位はチューリップ)



1位は「赤い鳥」
「竹田の子守唄」などで有名。
後にハイファイセットと紙風船に別れる。




小田和正は赤い鳥には全てに負けた。
特に赤い鳥はコーラスがすごかったと後に述べている。



小田および鈴木がこの後、プロとして本格的に活動を始めてコーラスを重視した音楽作りに邁進してゆくことになるのである。

オフコースは何度かのメンバー変遷を経ている。
しかし、彼ら鈴木康博と小田和正がいつも基本であった。

彼らは音楽作りにお互い切磋琢磨しあった。作った曲を紹介しあっては意見しあった。
コーラスも2人で妥協を許さなかった。



だから、二人のコーラスは非常に美しい。





違和感・・・脱退へ



オフコースは、「さよなら」の大ヒットを皮切りに一躍、音楽界のトップグループとなる。

それまでの曲に加えて、新しい曲も次々とヒットしていった・・・・・
第3回ヤマハ・ライト・ミュージック・コンテストが1969年。
「さよなら」のヒットが1979年。




10年の月日が流れていた。




あまり売れないながらも友人として、
同士として助け合いながらも成長を感じてきた2人だった。

夢をともに分かち合い励ましあってきた二人だった。

しかし、
鈴木康博の心の中には、オフコースが売れていく中で焦りと違和感が少しずつ膨らんでゆく。

シングルカットされる曲がA面は必ず小田和正の曲が採用されるのだ。

イコール、それは鈴木康博の曲はB面ということになる。



当時、曲の選択に関してはレコード会社が絶大な権力をもっていた。

男の気持ちをアップテンポの曲でストレートに出す傾向にある鈴木康博の曲。
それよりも、繊細な優しい曲調の万人受けする小田和正の曲が好まれたのだ。



鈴木より小田が売れると判断されたのだ。




当時5人になっていたグループの中で当然小田和正がイニシャチブを徐々にとってゆく・・・・
学業との両立、そしてどちらを取るか悩んでいた小田よりもずっと真摯に音楽と向かい合ってきたのに・・・
彼とは良き友人として励ましあい、競争しあってきたのに。


いいライバルだったのに。

こんな形で判断されてしまうのか・・・・・

こんな感じで自分は小田の音楽に巻かれていくのか。

それより・・・・・・


Sponsored links




私的解釈「素敵なあなた」


  
作詞:鈴木康博  作曲:鈴木康博

この中の詩はオリジナル
    下に私的解釈



走り出すからついておいで
僕は今 心に決めたことがある
あなたに 確かめておきたい
僕は 間違ってないよね


オフコースを抜けるよ
今 決心したんだ
僕は 僕の道を行きたいんだ
今迄きた道は これからもっと成功するかもしれない
だけど
僕は 間違ってないよね?


この街は 夢を呑み込む
誰でも一度は たそがれに涙する
もう二度と 振り返らない
そして あなたを連れてゆくよ


今売れていることは
僕の夢を潰しているんだ
振り返って、今迄売れてなかったけど
あの頃がなつかしい・・・・・
でも、もう振り返らないよ
一緒にきてくれるかい?


Baby Baby I still love you 素敵なあなた
Do Do Do … 離れないで
Baby Baby I still love you 素敵なあなた
Do Do Do …そのままでいい


特別なことしたくない
あるがままに生きれば 幸せになれる
きっと きっとそうだね
いつも いつも二人でいようね


売れるために
妥協して 自分をころしてまで
生きたくない
このまま 自分の道をいけばいい
君も そう思ってくれるかい
そして いつも二人でいようね


Baby Baby I still love you 素敵なあなた
Do Do Do … 離れないで
Baby Baby I still love you 素敵なあなた
Do Do Do …そのままでいい


もう1度 確かめておきたい
僕は 間違ってないよね


Baby Baby I still love you 素敵なあなた
Do Do Do … 離れないで
Baby Baby I still love you 素敵なあなた
Do Do Do …そのままでいい


(これはあくまで私の私的な解釈である)


終わりに



鈴木康博のその後は、
小田和正に比べると
“成功”という文字から判断すると

小さなものかもしれない

大きな国民的なヒット曲はない。

しかし、コンピュータを駆使した実験的な音楽。
メジャーからインディーズへの移籍。

自分のしたいままに、したい音楽を追求している彼の姿。

それは、いつもしがらみの中で生きる私にとって「憧れ」だ。

彼の夢・理想を追い続ける姿勢に私はいつも励まされてきた。

自分もそれに続きたいと思う。

オフコース時代の曲集。
Amazonへのリンクになっています。

特に好きなのは大人の色気を感じる
3曲目の「夜はふたりで」
小田和正にはつくれない。



  
小田和正の側からみた
鈴木康博への想い、
オフコースの「あの日 あの時」を考えています。
ベストアルバムあの日あの時に小田和正がこめた鈴木康博への本当のメッセージとは?










Sponsored links

Sponsored links

-フォークソング
-, ,