2016お彼岸のお供えには何を準備する?

2020/06/10

知人や親戚のお宅を訪問するとき、やっぱり日本では手土産を持っていきますよね。

お彼岸の時、お墓参りする時にも、同じように故人を偲びながらお供え物を準備します。

でも、どんなお供え物がいいのでしょうか。

また、改まった包装紙や「のし紙」はどうるすのか、ちょっと悩みますよね。

今回はそんな「どうしようかな?」を調べてみました。


Sponsored links



お彼岸のお供えには何がいいのでしょうか

お寺や地域によって特徴がある場合がありますが、普通は日持ちのする和菓子(最近は焼き菓子のような洋菓子も増えています)を準備します。

お饅頭、おせんべい、羊羹などです。なるべく、個包装がしてあって「お下がり」を参加者で分け合い易いものがいいと思います。

お彼岸のお供えの包装紙ですが、購入する際には「ご仏前にお供えします。」
と一言、お店の方に言いましょう。

派手だった包装紙を交換してくれたり、もとの包装紙の上に相応しい包装をしてくれる場合がほとんどです。

知人や親戚のお宅へのお供えでしたら果物類、お茶うけなどでも構いません。

ただし、御仏前でそのお供えを置き易い、収まりのよいようにちょっとした折り詰めやバスケットに入っているものを選びます。

また、故人が酒好きでまたご遺族も酒を飲まれるのでしたら、日本酒、一升瓶などでもよいでしょう。

近しい親戚と家族だけでお墓まいりするときは、墓前で並べ易いものであれば菓子類や果物の包装にそれ程気を使うこともありません。

肝心なことは、故人を偲んで故人の好きだったものをお供えすることです。

お彼岸のお供えにつける「のし」について


のし紙は関東では黒白の水引き、関西では黄白の水引きと地方によって違いがあります。

水引は「結切り」といい、結び目がすぐには解けないこと。

悲しい出来事が2度あってはいけない、1度だけで十分だ」という意味があります。

のし紙の水引きの下には差出人の名前を書きますが、上の表書きは渡し先によって違います。

●お寺へお布施としてお供えを渡す場合


これもお寺や地域によって違いますが、「上」「彼岸供養」「粗品」「粗供養」とすればいいでしょう。

●知人や親戚へのお供えとして


「御供」、その時が忌中であれば「御霊前」、己明け後であれば「御仏前」とすればいいでしょう。


Sponsored links





仏事(僧侶による読経やお墓参り)後


遺族の方がお供えをお下がりとして、参加者に分けて頂ける場合があります。

決して断らずに喜んで頂きましょう。

美味しくお供えを頂くこともりっぱな「ご供養」になりますよ。

同じく親しい友人親戚でお参りした後も、お墓にはお供えを置いておかないで参加者で分けて持ち帰りましょう。



ご先祖様や故人の方は、お供えやそれを持ってこられた方の気持ちを汲み取るとされています。

要はお参りする気持ちが大切なんですよね。


⇒お彼岸の時期:2016年
⇒お墓参りの服装や便利な物って何ですか?


Sponsored links






Sponsored links

-知ってた?
-, , ,