イノダコーヒー本店もいいけど、ここもね。同じイノダコーヒーだけどここは聖地。シュトレンケーキと共に頂きます。

2020/06/10

目の前で淹れられるコーヒー。

目の前で作られるケーキやサンドイッチ。



あれは、私の注文かなぁ。
皿を持ち上げたゾ・・・


あ、あっちいっちゃった。


こんどは私の分かな?
もう期待感、満開!





こんにちは、よっしーです。

よっしーが住んでいるのは京都ですが、時々無性に行きたくなる喫茶店があります。
なんか気持ちが前向きにならない時に訪れる喫茶店でもあります。


それはイノダコーヒー店。
正しくはイノダコーヒ。
といいます。



「いつかは自分の店をもちたい。」
自分のコーヒー店をもちたい!


そう決心させてくれた店です。



そう、ここはよっしーがカフェを開きたい原点、言い換えれば、「聖地」となっています。




今日は、よっしーが聖地と崇めるイノダコーヒー三条店の魅力に迫ります。



Sponsored links




イノダコーヒーは老舗喫茶店



イノダコーヒーの喫茶店としての創業は1947年。
京都の中でも古くからある老舗店の一つです。




文豪、
谷崎潤一郎や池波正太郎が通った店としても有名です。




本店は1999年の火災で半焼し大幅な改装が施されましたが、古い木造の大きな町家のような以前の落ち着いた雰囲気をそのまま継承しています。
三条店は木造とは違って古いオフィスビルのような感じです。


イノダコーヒーのおススメはブレンドコーヒー「アラビアの真珠」。
よっしーはあまり酸味のあるものは苦手なのですが、このコーヒーはコクがありながらもすっきり飲みやすいコーヒーですね。





三条店にはこれがある



大きなガラス窓から店内が見られる店構えですね。
入り口から入ると白い制服を着た店員さんに案内されます。




店内は場所で分煙がされています。
入口から入ってすぐのテーブル席は禁煙席。
その奥のカウンター席が喫煙席になっています。



よっしーはタバコは吸わないので禁煙席。
いえ、違います!!!!




イノダコーヒー三条店ではよっしーはあえて喫煙席に座ります。
この喫煙席カウンターがよっしーの聖地なんです。



本店にはない、円形カウンター




聖地ポイント!
それは座席から中の厨房が丸見えなことです。


18席がカウンターの周りにあります。



中で店の方3~4人が中で働かれています。
女性は少しお若いですが、男性はみんなダンディなシニア層。





元祖サードウェーブコーヒー


ファーストウェーブとはインスタントコーヒーが生まれたコーヒー大量消費の時代。

セカンドウェーブはスターバックスコーヒーに代表される様々なアレンジコーヒーの時代。
機械で管理されたコーヒーを客を待たせずに出す時代。


サードウェーブは客がオーダーしてから一杯ずつ丁寧にハンドドリップして出される時代。
提供されるまでに少し時間がかかる。
コーヒーの生産地にこだわりがあり、豆の素材や淹れ方にもこだわる時代。



この第3の波って、日本では昔からありますよね。
この方法がアメリカに持ち帰られ、再来日。



イノダコーヒーはそんなサードウェーブの元祖です。



それは厨房マジック!!!



期待値グーン↑


自分のコーヒーが淹れられるのを目の前で見ているとテンションあげあげ。


この道何十年というベテランの方が、
とても大切なものをいたわるように無駄のない洗練された手つきでコーヒーを淹れる。



う~ん、
年配の男性が飲食物を作るとなぜか本当においしそうに見えるんですよね~。
いや、本当においしいですが・・・・。(^^)/




出来立てがさっと自分の目の前に出されます。



思わず、
「ありがとうございます!」
って言ってしまいます。

香りでもメロメロ。



Sponsored links





シュトレンケーキ


この時はクリスマス前だったので、限定販売のドイツケーキ「シュトレン」がありましたので注文してみました。


目の前で、
ケーキが手際よく作られていきます。
作成時間、ほんの1分程・・・・
早い!!!
そして提供!


え?どうやってこれ食べるの?



外側のシュトレンを1つ外して



中のイチゴやスポンジケーキなどをシュトレンに乗せて・・・
うーん、美味しい!
固いシュトレンと柔らかいケーキとがよく合っています。

と・・・楽しんでいたら・・・・


ケーキ転倒!(>_<)


てなことをしている間も、
カウンターの中では、サンドイッチが作られています。



もちろん、私のオーダーじゃないんですが、
うーん、これも食べたい。





最後に:


サーカスのように、客が周りをぐるりと取り巻く中で演者たちが妙技を繰り広げていく・・・

そして、その結末は美味しい・・・・。


作る過程を見せるというのもこの店の味だと言えるでしょうね。
是非、あなたもイノダコーヒー三条店で厨房マジックを楽しみながら至福の時間を過ごして下さい。


プロとしての無駄のない、洗練された動き。

そして雰囲気。


きっと、あなたの何かを刺激すること請け合いですよ。


よっしー評価:5段階
5:すごい 4:満足  3:まあまあ
2:少し不満 1:なっとらん!

価格設定:5、料理:5、スタッフ:5、雰囲気:5、

昭和度:5+α


NHK大河ドラマ 「おんな城主 直虎」で

盛り上がっている 彦根で

イノダコーヒーと同じ老舗の雰囲気を味わいたいのなら・・・

彦根のスイスはお得感満開なレストランだった、人気看板メニューを口コミするよ



イノダコーヒー三条店の場所






所在地
〒604-8111
京都市 中京区三条通堺町東入ル桝屋町69
Tel:075-223-0171(FAX共通)
営業時間:10:00~20:00(無休)
席数:全58席(禁煙18席、喫煙40席)





Sponsored links

Sponsored links

-喫茶・カフェ
-, ,