2020小田和正クリスマスの約束で委員会バンドを今年も見たい

2020/06/10

xmaspromise



昨年は残念ながら中止となりました毎年恒例行事となっている「クリスマスの約束」。


僕にはこれを見なくてはクリスマスはない!くらいの気持ちです。


小田和正ファンとしては大変気になるイベントです。


そのクリスマスの約束の最近の名物パート
それは小田和正さん率いる「委員会バンド」の演奏。


今日はこの「委員会」バンドの魅力を考えます。



Sponsored links





委員会バンドとは


根本要さん(スターダストレビュー)、大橋卓弥・常田真太郎(スキマスイッチ)、水野良樹(いきものがかり)の計5名のメンバーです。



2009年のクリスマスの約束で、それまでの歴代最多となる20組計33人のゲストが登場し、各アーティストの楽曲をつなげていくというメドレー「22'50"(タイトル:22分50秒の演奏時間から)」が試みられました。
(さらに2011年にはパワーアップさせた28'58"(28分58秒)を披露)





この試みは大成功。
本当に珍しいことですが、小田和正さんが演奏終了後、鳴りやまない拍手の中で涙ぐむシーンが見られました。





日本の音楽シーンのトップを走るこれだけ多くの多忙なアーティストをまとめ上げ、総合的・圧倒的なパフォーマンスを引き出すのはかなり難しい作業だと思います。





この役割を担ったのが小田和正さんを中心としたこの「委員会」です。
そして、プラニングだけではなくこのメンバーで曲を披露し始めました。






トップボーカリスト3名+1


メインボーカルとして数々のヒット曲を量産し、すばらしい歌唱力をもつ3人のハーモニー。いきものがかりではコーラスパートを主に担当する水野さんもかなりの歌唱力です。
最初は小田和正さん、根本要さん、大橋卓弥さんでのボーカルだったのが、水野さんの加入で厚みを増しました。



常田さんはキーボート、それにコーラスパートに参加しています。
楽器構成はキーボードとアコースティックギターというかなりシンプルなものですが、楽曲によってはバックにストリングスが付いたりします。




Sponsored links







委員会バンドの内実



彼らは自らを「年の差バンド」(小田72歳 根本62歳 大橋42歳 水野37歳)と言っていますが、彼らは大変仲が良いです。
齢を経て少し丸くなったとはいえ我儘で厳しい小田和正さんによくついていっているなと思います。




小田さんの他のメンバーへのさまざまな指摘は、的を得ており十分な経験、練習量と努力に裏打ちされた、優れたものであるからです。




水野さんが述べています。
小田さんはなんとコンサートが終わってからもすぐにボイストレーニングを行い、また様々な歌い方の試みをされます。

それは、
義務感からではなく、そうすることが当たり前だと思っています。

まるで試合後、すぐに練習やトレーニングを欠かさないスポーツのトッププレーヤーのようですね。




多くのボーカリストが齢とともに音域を下げたり、高音部の歌い方を変える中、
今年、還暦(70歳)を迎えられた小田さんの歌声が、若い頃の歌声そのまま、CDで聞ける昔の歌声のままで現在も歌われている。
いや衰えを知らないどころか、逆に深みや伸びを加えていっているのも頷けますね。




また、小田さんのアルバムは若いアーティストに並んで出すアルバムごとに売り上げを10位以内をキープされています。
すごくないですか?





クリスマスの約束の中での今までの委員会バンドナンバー





魔法の黄色い靴(チューリップ)
風が吹いている(いきものがかり)
らいおんハート(SMAP)
Please Mr.Postman(マーヴェレッツ、ビートルズ、カーペンターズ)
奏(スキマスイッチ)
デイ・ドリーム・ビリーヴァー(モンキーズ)
Hello, Goodbye(ハロー・グッドバイ)(ビートルズ)
約束 (委員会バンド唯一のオリジナル曲)
帰れない二人(井上陽水)
トワイライト・アヴェニュー(スターダスト・レビュー)
Breaking Up Is Hard to Do(悲しき慕情)(ニール・セダカ/カーペンターズ)
君は天然色(大滝詠一)
Yes-No
君の友だち(You've got a Friend)(キャロル・キング/ジェームス・テイラー)



2012年に小田和正さんは、
「元気なうちに、この委員会バンドでライブしたいね」と述べています。



それを実現したのが、2015年。
福岡、広島、新潟、全国3か所でコンサート活動を行いました。



多くの観客を集め、2016年2月活動休止を宣言されています。






2019クリスマスの約束で是非委員会バンドを見たい






根本さんの軽妙なMC。
小田さんのマイペースな語り。
大橋さんの真剣な眼差し。
水野さんの冷静な先輩評(特に小田さんへの)。

彼らの仲の良さが随所に見て取れます。
そして、
息の合った彼らのハーモニーが大変素晴らしいです。



他の歌番組などで、有名ミュージシャンによるコラボが見られますが、少し合わせる練習をして本番。
お互いに見合いながら遠慮し合いながら笑顔で歌うってシーンがありますね。

でも、彼らは違います。
オリジナルグループのメンバー内でこなすように、委員会バンドとして十分な練習量をこなし、悩み、そして、指摘し合い素晴らしい音楽を妥協なく作り上げているのです。






オフコースがない今。
小田さんを中心とした「バンド」としてのライブは「委員会バンド」しかないのです。



是非、今年も委員会バンドの演奏を聴きたいなと思います。
鈴木康博さんが加われば、僕が気絶するくらい素晴らしいドリームバンドの出現だと思うのですが。

70歳越えのオジサン2人組中心の委員会バンド!!

僕が生きている間に絶対見たいバンドです。



鈴木康博 「素敵なあなた」に込めたオフコースへの決意




例年通りとすれば今年のクリスマスの約束の観覧募集は次のようになるはずです。


>音楽特番「クリスマスの約束2019」
12月下旬 放送予定
【出演】 小田和正 ほか

■ 収録日時
11月上旬~12月中旬
午後5時00分集合予定(午後10時00分終了予定)
※時間は予定です。前後する場合がありますので予めご了承ください。
※収録中の途中入退場はできません。
※この募集はTBSテレビの音楽特別番組の公開収録の観覧募集です.

■ 収録会場
できるだけ大きな会場で(が僕の希望です、だってチケット当選しやすくなるじゃないですか)       

■ 出演者
小田和正 ほか

■ 応募方法
官製普通はがきに
(必須)→希望人数(2名まで)全員の氏名・年齢・住所・電話番号・応募動機 / (任意)→代表者のメールアドレス
を明記の上
下記のあて先までご応募下さい。
※ご当せん者の応募時からの変更はいかなる理由でもお断りしますので2名でご応募の場合同伴者のご都合もご確認の上ご応募ください。
※入場整理券にご当せん者全員のご氏名を記載しますので楷書で正確なご記入をお願い致します。
※代理応募や他人名義での応募はご遠慮願います。
※記入に不備のある葉書や3名以上でのご応募は無効となりますので予めご承知おきください。
※入場時にご本人確認のため、顔写真付の公的証明書(各種免許証・パスポート・住民基本台帳カード・マイナンバーカードなど)をご提示いただきます。
(※はがきにシールなどの粘着性のあるものを張るのは絶対におやめください。(他のはがきとくっついたり破損するケースが多くなります)

■ 応募宛先
107-8066 TBSテレビ
小田和正音楽特番「クリスマスの約束2019」(12/16) 係
※TBSへの直接の持ち込み・宅急便・バイク便などは受付いたしかねます。

■ 締め切り
2019年 10月~11月中旬必着
抽せんの上、ご招待いたします(18歳以上の方とさせて頂きます)。
ご当せんされた方に入場整理券をお送りします。(お電話またはメールにてご連絡させていただく場合があります。)
※迷惑メール対策をされている方は、PCからのメールを許可していただくか、best.tbs.co.jpを受信許可ドメインに設定してください。
※証明書および当落に関するお問い合わせはご遠慮下さい。
※交通費等は各自のご負担となります。
 


観覧募集に関して次の記事でも紹介しています。

小田和正・クリスマスの約束2019は次元・時空を超えた美。絶対行きたい場所



今年も、きっと素晴らしい委員会バンドの演奏が聴けることでしょう!


今年はよっしーも当選するといいなぁ。





Sponsored links


Sponsored links

-フォークソング
-, , ,